ダウンロード資料 譲渡をご検討中の方 買収をご検討中の方

学習塾をM&Aをする際の注意点とは?

  • M&Aコンサルティングレポート
M&A 学習塾

M&A(Mergers(合併) and Acquisitions(買収))は企業の合併や買収といったビジネス戦略のうちの一つです。M&Aを通して企業は次の市場へと規模の拡大を図る一方、M&Aに伴う組織の統合など様々な課題があります。本記事ではその中で学習中をM&Aをする際の注意点について解説していきたいと思います。

学習塾がM&Aをするメリット

後継者不足の問題解決

個人の学習塾などで、生徒はいるし、地元民に根強い人気があるが、経営者が病気や、年齢などで経営できなくなった場合等は、M&Aをすることにより、後継者不足の問題を解決することができます。

低リスクで学習塾事業に参入できる

学習塾を開くためには物件を抑えたり、集客したり、教材を収集したりなど、様々な課題をクリアする必要があります。既存の学習塾をM&Aをすることにより低リスクで学習塾業界に参集することが出来ます。

生徒数の増加

新エリアに進出することによりその地域の生徒を集客できるチャンスが広がります。

学習塾がM&Aをする際の注意点

学習塾の文化の違い

学習塾はその学習塾独自の文化が発達しています。学校独自の文化があるように学習塾にも学習塾の色があります。

だからこそ、M&A後の塾の統合は非常に大きい障害となる可能性が高まります。

対策

M&Aをする前に双方の文化を確認しつつ、お互いの文化が尊重できるかを事前に確認し、統合後のビジョンも考えることで衝突する確率を少なくすることが出来るでしょう。

顧客の流出

先ほどは生徒数の増加と書きましたが、新エリアに進出したからと言って必ずしも顧客が増加するとは限りません。

もし子供を塾に入れたことのある経験をされている方や、実際に自分で塾を選んだ経験がある方なら経験があると思いますが、この塾だから入ろうなど、一定のブランド価値のある塾を選択するのは当たり前なことです。

そうなった場合M&Aのニュースが顧客に伝わると不安などを募らせ、他の塾に移籍してしまう可能性が高まります。

対策

顧客へのコミュニュケーションを十分に行い、今後のビジョンを明確化することで信頼関係を築くことが必要です。

まとめ

学習塾業界におけるM&Aは多様なメリットがありつつも多様なリスクやクリアしていかなければならない課題があります。学習塾業界でM&Aを成功させるためには前述した注意点以外にも様々な視点を持ち適切に行うことが重要となります。

PAGETOP