メルマガ登録

料金体系

着手金・中間金なしの完全成功報酬型のM&Aを提供しております。
業界でも珍しい料金体系となっております。

料金体系
着手金・中間金0円。
成功報酬しか、いただかないのには
理由があります。

他社との比較

当社 大手A社 大手B社
相談料 無料 無料 無料
企業価値
算定
無料 有料 無料
着手金 なし 発生 なし
中間報酬 なし なし あり
監査
サポート
あり あり あり
成果報酬 あり あり あり

なぜ成功報酬のみなのか。

我々、船井総研は原則的に「着手金・中間金は無料」でM&Aのサポートをさせていただいております。その理由は、我々、船井総研は企業成長をサポートする経営コンサルティング会社として、オーナー経営者様と共に企業成長に繋がるベストな事業承継の選択肢を一緒に考えていきたいからです。
M&Aはあくまでも一つの選択肢。
着手金・中間金が発生してしまうと、どうしても選択肢として”第三者へ譲渡する”が先行してしまいます。
我々は”譲渡する”ことが目的ではなく、”企業を成長させる”ことを目的としてM&Aの支援をさせていただくことが使命としておりますので、”譲渡ありき”ではなく、”成長するために何が必要か”ということをしっかりとお話ししながら進めていきたいと考えております。
※ただし、状況によっては、着手金・中間金が発生する場合もございます。

報酬の料金体系について

船井総研の料金は譲渡対価に対してレーマン方式で発生いたします。レーマン方式とは、M&Aの業界で使われる一般的な方式となります。
ただし、「譲渡対価に対してのレーマン方式なのか」「移動総資産に対してのレーマン方式なのか」で大きくオーナーがM&A仲介会社に支払う負担は異なってまいります。
図のように船井総研では、オーナー負担が少しでも少なくなるよう譲渡対価に対してのレーマン方式を採用しております。

また、下記が船井総研が採用しているレーマン方式の計算方式となります。※最低報酬は1千万円となります。

※レーマン方式の料率例

取引価格等 手数料率
5億円以下 5%
5億円超~10億円以下 4%
10億円超~50億円以下 3%
50億円超~100億円以下 2%
100億円超 1%
計算例:譲渡価格3億円・総資産15億円の企業の場合
報酬の料金体系について報酬の料金体系について

自社の企業価値はどのぐらいなのか?

M&Aを考え始めると、気になるのが自社の企業価値がどのぐらいなのか?ということです。
あまりにも安く見積もってしまうと、すぐに譲り受け企業が見つかるかもしれませんが、オーナーの資産としては寂しいものになってしまいます。
一方で、高く見積もりすぎると、譲り受け企業が見つからない、ということもあります。

各業界に市場の相場があるため、まずはその相場を知りながら自社の適正な企業価値を知ることが大切です。
船井総研では700人以上の業種専門の経営コンサルタントが在籍しておりますので、市場相場を適切に見つけ出すことができます。

オーナー資産を最大化しながらも、フェアバリュー(適正な評価額)で、譲る側も譲り受ける側も、そして継続していく法人もwin-win-winの関係が築けるようにサポートいたします。

PAGETOP