ダウンロード資料 譲渡をご検討中の方 買収をご検討中の方

M&Aコンサルティングレポート

M&Aにおける合併と買収の違いとは?またその目的

M&Aにおける合併と買収の違いとは?またその目的

  • M&Aコンサルティングレポート

M&A(Mergers(合併) and Acquisitions(買収))は企業の合併や買収といったビジネス戦略のうちの一つです。M&Aを通して企業は次の市場へと規模の拡大を図る一方、M&Aに伴い組織の統合など様々な課題が生じます。本記事ではその中で合併と買収の違いとは、について説明します。

合併とは?

M&Aにおいて合併とは2つ以上の企業が経営を統合し、新たな一つの企業となることを指します。

基本的に元となった企業は消滅し、元の企業の権利義務を新たな企業が受け継ぐ形になります。

さらにその合併には2種類に分かれており、以下で説明します。

合併の種類

合併の種類には、「吸収合併」、「新設合併」の2種類があります。

吸収合併

元の企業の権利義務をすべて新たな企業(存続する企業)が引き継ぎ、継承させる方法になります。

新設合併

こちらは元の企業から新たに企業を設立し、合併する元の企業のすべての権利義務を継承させる方法になります。

新設合併の場合は手続きが必要であり、煩雑であるため基本は吸収合併を行われる場合がほとんどです。

合併の目的

市場の拡大

合併をすることにより、今まで手が届かなかった市場や顧客に対してアプローチをかけることが出来るため、市場を広げることが可能になります。

ライバルが減少する

もし同業他社と合併することになった場合、競合他社が減ることになります。これはマーケットが拡大する一因となるでしょう。

買収とは?

買収とは、ある企業が他の企業の株式や資産を取得することにより、経営権を取得することできる方法を指します。

合併では元の企業が消滅したり、新たな企業を設立するようになっていましたが、買収では経営者が変わるが、その企業は独立した法人として存続する可能性が高いです。

買収の目的

新技術や知識の入手

買収することにより、元の企業にあったノウハウは知識を入手することができ、今までに無い事業を展開できる可能性が高まります。

競争相手の排除

競合他社を買収することにより、その市場における競争相手が少なくなり、有利に事業を進めることが出来ます。

まとめ

今回は合併と買収の違いについて説明していきました。

M&Aは企業が成長するための方法の一つであり、一つの戦略です。合併と買収は似ているようで異なり、目的により、どちらを選択するかを選ぶ必要があります。

この違いを理解し、企業が最も成長できる選択とることが経営戦略において重要になるでしょう。

PAGETOP