ダウンロード資料 譲渡をご検討中の方 買収をご検討中の方

M&Aにおけるロングリストとは?その重要性

  • M&Aコンサルティングレポート
M&A ロングリスト

M&A(Mergers(合併) and Acquisitions(買収))は企業の合併や買収といったビジネス戦略のうちの一つです。M&Aを通して企業は次の市場へと規模の拡大を図る一方、M&Aに伴い組織の統合など様々な課題があります。本記事ではその中でM&Aにおけるロングリスト作成の重要性について解説します。

M&Aにおけるロングリストとは?

ロングリストとはM&Aにいて主に初期段階の際に作成される一定の基準で絞り込んだ買収や合併を考慮するターゲットを絞り込んだ企業リストのことです。

これを作成することには様々なメリットがあり、以下でそれらを説明します。

ロングリストの重要性

選択肢の見える化

M&Aをする際のロングリストで、今まで視野になかった企業や事業を知ることで選択肢を最大化し、最適な選択を行うことが出来る確率が高まります。

リスクの低減

M&A初期の段階でロングリストを作成することにより一定の基準以下の企業は選択肢から外れるため、より良い企業を選択することのできる可能性が高まります。

ロングリスト作成の注意点

リストアップする基準を明確化する

業界や市場規模、その企業の持っている技術など、どのような基準化を明確化することで、M&Aの失敗を未然に防ぐことが出来ます。

例えば基準として主力事業や資本金、売上高などがあげられます。

情報の正確性

ロングリストを作成するにあたって正確な情報というのは最も重要といっても過言ありません。ロングリストを作成するにあたり、使用する情報が最新のものか、捏造されたものでないかなど、細心の注意を払うことが重要です。

ロングリストとショートリストの違い

ロングリストもショートリストもM&Aの取引候補である企業をリストアップしたものになります。

何が違うのか?

ロングリストは多少なりともM&Aを行う企業が含まれているのに対し、ショートリストはロングリストの中からよりM&A可能性が高い企業や、より好条件である企業など、ロングリストの中からより良い企業を選んだものになります。

このショートリスト作成時にはロングリスト作成時より正確な情報、より最新な情報が必要不可欠となります。ここでの判断が後のM&A成功に大きく関わる可能性が大きいです。

まとめ

ロングリストはM&A初期段階で作成される絞り込まれた企業リストであり、選択肢を見える化し、M&A失敗のリスクを低減させるために重要なプロセスです。そして、ロングリスト作成時には明確な基準と正確情報が必要であり、これらを重視することがM&A成功の一因となるでしょう。

PAGETOP