ダウンロード資料 譲渡をご検討中の方 買収をご検討中の方

M&Aの減税措置について徹底解説

  • M&Aコンサルティングレポート
M&A 税

M&A(Mergers(合併) and Acquisitions(買収))は企業の合併や買収、譲渡というビジネス戦略のうちの一つです。M&Aを通じて、企業は新たな市場への参入や業績拡大を図る一方、組織の改編に伴い課題も生じます。本記事ではその中でM&Aの減税の意味とM&Aの減税措置が受けられる控除内容を徹底解説したいと思います。

M&Aの減税とは

M&Aによって生産性向上等を目指す経営力向上計画の認定を受けた中小企業が、その計画に基づき、M&Aを行った場合に対してとられる減税のことです。

2021年税制改正により経営資源集約化税制(中小企業事業再編投資損失準備金)が創設されました。

それぞれについて簡単に説明すると、

経営資源集約化制度

一定の要件を満たした場合に中小企業購入者が購入した株式の取得価格の一部を算入できる制度。

中小企業事業再編投資損失準備金

一定の要件を満たした場合に事業者がM&Aの買収側企業として譲渡企業の株式を取得した際にリスクをカバーするための準備金のこと。

M&Aの減税措置の目的

M&Aは、会社や事業の売買のことを指しており、税金は多大な額になります。そのためにM&Aに踏み切れない場合も多く、M&Aの減税措置の目的は中小企業の生産性向上を目的とされています。また、後継ぎがいなく、その業界が廃れることを防ぐためにはM&Aを行い、企業やその事業の再編成を行い、経営資源の集約化を行い、活性化させることが重要となります。

そのためにM&Aの減税措置が創設されました。

M&Aの減税の対象者

今回の改正でのM&Aの減税は主に中小企業がメインとなります。

これは先ほども示した通り、M&Aを行われる際にかかる税金は多大な額になります。そのために踏み込めない場合も数多く将来的に中小企業は経営資源の集約化を行い、活性化させ、生産性を向上させることが重要になります。

今回の改正では大企業は含まれておらず、大企業に関しては比較的M&Aを行うハードルが低く、M&Aを実際に行ったことも多く、知識も豊富であるが、逆に中小企業はM&Aを行うハードルが高く知識も乏しいため今回はこのように中小企業にフォーカスを当てられたと考えられます。

まとめ

今回はM&Aの減税措置に関してお伝えしました。今回の改正では中小企業にフォーカスを当てたものとなっており、中小企業が今まで以上にM&Aを行いやすくなったのではないかと考えられます。

PAGETOP