ダウンロード資料 譲渡をご検討中の方 買収をご検討中の方

M&Aコンサルティングレポート

M&A イグジットについて、メリット・デメリットを比較の上で徹底解説

M&A イグジットについて、メリット・デメリットを比較の上で徹底解説

  • M&Aコンサルティングレポート
M&A イグジット

イグジット/エグジット(EXIT)とは

イグジット=エグジット(EXIT)とは、会社の創業者・経営者・その他出資者保持する株式を売却し、その売却益で資本を回収することです。イグジットにはいくつかの種類がありますが、国内企業の99%を占める中小企業では高齢化による後継者不足問題に直面しており、イグジット手法のうちM&Aによる株式・事業継承が近年では主流化しています。

イグジットの種類

イグジット手法にはいくつか種類があります。イグジットを行うに当たっては会社・経営者・出資者それぞれの目的や目標と現状を見極めた上で、適切なイグジット手法を選択することが大切です。

M&Aによるイグジット(後に詳しく解説)

M&Aによるイグジット戦略では株式譲渡(基本的には全株式)=経営権譲渡(基本的には全経営権)、又は事業譲渡が為されます。IPOによるイグジット(後で解説)と比較して短期的に売却益を獲得することが可能です。

IPOによるイグジット

IPOによるイグジットとは、会社の株式を証券市場に上場させることによって、多くの人々が株式の売買を行うことを可能にすることです。上場することによって多額の資金を調達できる反面、IPO達成のためには上場審査などに対する準備期間・費用が必要です。

二段階イグジット(後に詳しく解説)

近年、注目を浴びてきたイグジット手法です。端的に言えばM&AによるイグジットとIPOによるイグジットのハイブリッド型です。

M&Aによるイグジットとは

M&Aによるイグジットを端的に言うと、株式(経営権)と資本を一対一で交換することです。M&Aにおけるイグジットでは売り手と買い手が存在します。当然、売り手の目的は売却益であるのに対し、買い手の目的は経営権の掌握であることが多いです。そのため、M&Aによるイグジットの最大の特徴は株式と経営権の完全譲渡です。

M&Aによるイグジットの成功事例

ローソンによる成城石井の買収

2014年にローソンは投資会社を通じて、成城石井の全株式を取得しました。株式取得額は363億円です。成城石井は2004年に創業家が株式を売却しています。

M&Aによるイグジットのメリット/デメリット

メリット

M&Aによるイグジットの最大のメリットとして、売却益取得までのスパンが短いことが挙げられます。IPOを達成するためには上場に際して審査があります。そのための準備期間や準備資金が必要であり、M&Aによるイグジットではこの点を回避できます。また、全株式を売却するため、事業の将来的な成長見込みが高いほど企業価値が高いとみなされ、多額の売却益を得ることができます

デメリット

M&Aによるイグジットのデメリットとして、従業員への負担増加と会社の風土の変化が挙げられます。M&Aによるイグジットでは基本的に全株式の譲渡が為されるため、経営権も移譲されます。経営権の移譲後は会社の風土は買い手側の企業に染まる場合が多いため、自ら築いてきた会社の文化や風土が消失し、それらが既存の従業員への負荷になってしまう可能性があります。

二段階イグジットとは

二段階イグジットとはその名の通り、イグジットを二段階に渡って行うことです。第一段階では一部株式を残した状態でM&Aによるイグジットを行い、大企業の傘下に入ります。その後第二段階でIPOによるイグジットが行われます。これが二段階イグジットと呼ばれる手法です。第一段階のM&Aによるイグジットでは、通常のM&Aとは異なり、一部株式(経営権)を残した状態で譲渡されます。

二段階イグジットのメリット/デメリット

メリット

二段階イグジットの最大のメリットは売却益を得た後にもその会社に関わり続けることができることです。通常のM&Aによるイグジットでは会社売却後にはその会社との関わりは完全になくなります。一方IPOによるイグジットではIPOを達成するまでは売却益を得ることができません。二段階イグジットでは両者の課題を解決し、売却益を得た後でもIPOを目指して会社に関わることができます。

デメリット

二段階イグジットを行う場合は株式の過半数以上を買い手企業に譲渡するため、これまで通りの経営を行うことができなくなります。経営の舵取りは買い手企業が行うため、M&Aによる一部株式売却後は方針などは全て買い手企業が決定します。

M&Aによるイグジット・二段階イグジット成功のポイント

M&Aによるイグジットでは売り手企業と買い手企業の交渉が不可欠です。売却益の受け取り方やその金額や算出方法売却後の企業や売り手についてを全て条件交渉及び条項等にて決定します。IPOによるイグジットと比較すると準備期間やコストは比較的抑えることができますが、細部にわたって交渉→合意をすることが、売却後の売り手・買い手間でのトラブルを回避する上で最も重要です。

まとめ

自身が育て上げた会社をお金に換算できる唯一の機会がイグジットです。イグジットには様々な種類があります。もしあなたがイグジットをしたいと考えているなら、自身の目標や目的、今後の自社の展望などを考慮した上で適切なイグジット手法を選択することが大切です。また、イグジットを成功させるに当たっては交渉や準備の質が求められます。そのためには時間的・金銭的コストが必要であり、イグジットを行う前の段階から常に会社の展望を考慮しながら経営を行うことが大切です。

PAGETOP