ダウンロード資料 譲渡をご検討中の方 買収をご検討中の方

飲食 M&Aレポート

M&Aの情報をコラム形式で発信してまいります。
基礎知識や業界情報の収集にお役立てください。

ラーメン屋業界における最新M&A動向

ラーメン屋業界における最新M&A動向

  • 飲食 M&Aレポート
ラーメン屋 M&A

ラーメン屋とは

ラーメン屋とはラーメンの専門店あるいは、中華料理屋の総称を指して言います。

参入障壁が低いことから、個人で店舗経営を行うお店からチェーン店まで幅広く存在します。

ラーメン屋のM&Aスキーム

ラーメン屋のM&A方法は事業譲渡と株式譲渡の2つあります。

スキームは、店舗の業態によって異なります。

チェーン店の場合、株式譲渡のスキームを取ります。

チェーン店は、株式会社化していることが多いです。

そのため株式譲渡のスキームを取ります。チェーン店経営をしていて株式会社化していない場合はこちらのスキームには当てはまらないので注意が必要です。

個人経営の場合、事業譲渡のスキームを取ります。

個人経営の場合、株式会社化していないため、とることのできるスキームは、事業譲渡となります。

ラーメン屋の動向・現状

ラーメン屋のM&Aは、「参入障壁の低さ」「同業他社との競争」「多くの業態が参入している」点から増えています。

それぞれ項目ごとに見ていきましょう。

「参入障壁の低さ」

一つ目は参入障壁の低さです。

他業界と比べ開店資金が低く、また正社員数もそこまで必要ありません。

参入障壁が低いからこそ、母数が多くなり、増えています。

「同業他社との競争」

母数が多くなるからこそ、競争は激しくなる。

また、近年はSNSの活発化によりマーケティングがうまい会社が売り上げをあげていったり、高級層へのアプローチをしたラーメン店が現れたりと、競争が激しい。

競争が激しいということは、それだけ合併や買収も増える。

同業他社との競争に備え、別会社を買収したりするためである。

「多くの業態が参入している」

先ほども少し述べたがラーメン店にはさまざまな業態が参入している。

個人経営~チェーン店までさまざまなように、一店一店のコンセプトもさまざまである。

富裕層向けのラーメン店や、外国人向けのラーメン店・その土地に根付いたラーメン店などがある。

同じラーメン業界の店で、事業を拡大したいときや、他業界で新規に参入する際などで行われるケースが多い。

まとめ

ラーメン業界のM&A手法は店舗形態によって異なります。

動向・現状などにも併せて注意しましょう。

PAGETOP