ダウンロード資料 譲渡をご検討中の方 買収をご検討中の方

飲食 M&Aレポート

M&Aの情報をコラム形式で発信してまいります。
基礎知識や業界情報の収集にお役立てください。

飲食業界における2022年のM&A動向の振り返り

飲食業界における2022年のM&A動向の振り返り

  • 飲食 M&Aレポート
飲食 M&A

今回は飲食業界における「2022年のM&A動向の振り返り」についてお話させて頂きます。

2022年飲食業のM&Aのトピックス

2022年の飲食業のM&Aのトピックスとしては下記のとおりです。

・株式会社ブロンコビリーが、株式会社松屋栄食品本舗を買収し子会社化

・株式会社海帆が、株式会社SSSを買収し子会社化

・株式会社鳥貴族ホールディングスが、ダイキチシステム株式会社を買収し子会社化

・株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングスが、株式会社サンジェルマンを買収し連結子会社化

・株式会社サンマルクホールディングスが、株式会社LaMadragueを買収し子会社化

上記は外食企業がかかわるM&Aの一部ですが、外食企業はコロナ禍で苦境に陥っている企業も多い中、六次産業化事業ポートフォリオの最適化など、各社はM&Aを活用しながら成長路線や大手傘下のグループ企業として生き残るといった判断をするケースも増えてきております。

東京商工リサーチによると、2022年の飲食業界の倒産件数は522件(前年比19.4%減)で、この20年では2004年の554件を下回って最も少なくなっておりますが、2022年11月以降は増加傾向に転じております。

このままの推移では2023年は一転、倒産件数は増加する可能性が大きく、各社生き残りにかけた判断を迫られるようになりそうです。

また、コロナ禍で好調だった「宅配飲食サービス業」は34件(同47.8%増)「持ち帰り飲食サービス業」は20件(同25.0%増)と、倒産が大幅に増えております。

要因としては「運転資金の欠乏」が4件から8件(前年比100%増)に増加しており、補助金の縮小が影響しているとみられ、「コロナ禍の長期化で再建のめどが立たず、消滅型の倒産を選ぶ割合が上昇している」とみています。

我々、船井総研のM&Aコンサルタントは、できるだけ廃業や倒産という選択とならないよう、株式譲渡のみならず事業譲渡や不採算部門のみの譲渡、会社分割など、最適なM&Aスキームの提案が可能です。

また、売手オーナー様の人生を守ることが我々の最大の使命なのですが、同時にオーナー様のご家族や従業員、取引先企業様や金融機関様を守ることにも、我々M&Aコンサルタントは全力です。

船井総合研究所は飲食業経営者様のお力になれるM&Aコンサルタントが多数在籍しております。成長著しい買手企業様のご登録も多数ございますので、まずは船井総合研究所にご相談下さい。

初期相談料が無料はもちろんのこと、船井総研は最終契約書の締結までアドバイザリー手数料は頂戴致しません。東証プライム上場のグループ会社ですので、安心してご相談ください。

きっとお悩みの経営者様を明るい未来へ導いてくれるでしょう!

また、合わせて 店舗M&Aにおける2022年のM&A動向の振り返りの記事もご覧ください。

PAGETOP