ダウンロード資料 譲渡をご検討中の方 買収をご検討中の方

サービス業 M&Aレポート

ネイルサロン業界のM&A:売却・買収の動向

ネイルサロン業界のM&A:売却・買収の動向

  • サービス業 M&Aレポート

ネイルサロン業界の現状

ネイルサロンとは、爪のお手入れや装飾を専門的に行うサービスを提供するお店のことを指します。広い敷地を必要とせず、開業資金が少なくても始められることや、国家資格等を必要としないなどの理由から、ハードルが低く、市場規模が拡大傾向にあります。

国家資格は存在しない一方で、民間の技能検定などは存在し、技術を求められる職業ゆえに検定資格をもった優秀なネイリストの需要は市場規模拡大に比例して上がっているといえるでしょう

ネイルサロンの多くは個人営業による零細企業であり、都心部などを中心に一部、大手チェーンによる多店舗展開となっています。

ネイルサロンのM&A動向

現状でいえば、ネイルサロン業界のM&Aは主流とは言えないでしょう。しかしながら、市場が拡大していることや、大手が出現してきていることから、今後M&Aが増えてゆくのではないかと考えられます。

ネイルサロンのM&Aにおいては、経営者の新規参入事業としての買収や大手チェーンによる個人経営サロンの買収、事業存続のための売却などが一般的です。居ぬき物件を対象とした取引も見受けられます。M&Aの規模としては数百万~1000万円を超えるものまで、地域や規模、収益によって大きく変動しています。

ネイルサロンM&Aのメリット、デメリット

ここでは、ネイルサロンM&Aのメリット・デメリットを解説します。

・メリット

売却側

売却企業のメリットとしては

・大手企業の傘下に入ることでブランド力を獲得できる

・経営を安定させ、事業存続、雇用継続を行うことができる

後継者問題を解決できる

・売却益を新規事業の立ち上げに回せる

といったものが考えられます。

買収側

買収企業のメリットとしては

優秀な人材を確保できる

・自社の持たない技術を獲得できる

・店舗増加によって、新規顧客獲得・ブランド力向上を見込める

・内装などの設備コストを削減できる

といったシナジーが期待できるでしょう

・デメリット

売却側

ネイルサロンの売却に限ったことではありませんが、他の企業の買収されることで経営の自由度が下がることは避けられないでしょう。また、M&Aを行うために煩雑な手続きに追われることになります。

買収側

売却企業の立地や店舗・スタッフの状況によっては期待していたシナジーを得られない可能性があります。また、買収企業の借入金返済の負担を負うことなどがあります。

ネイルサロンM&Aのポイント

前述の通りM&A需要が高まりつつあるネイルサロンですが、ポイントをふまえてM&Aを行うことでより高い利益を獲得することが可能です。また円滑に不備なく契約を行えるように対策をすることで短期間でのM&A成約を可能にします。

・評価を上げるポイント

 ・技術をもったネイリストを雇用している

 ・立地条件のよい店舗である

・スムーズにM&Aを行うポイント

 ・事前にスタッフへの丁寧な説明を行う

 ・適切な希望価格を設定する

まとめ

ここまで、ネイルサロンのM&Aについて解説してまいりました。ネイルサロンはネイル文化の浸透により、規模拡大、競争の激化、人材不足といった現状を抱えており、M&Aも増加傾向にあります。 激しい競争の中で自社の事業を継続、強化してゆくためにもM&A をご検討されてみてはいかかでしょうか?
M&Aには専門家のサポートが必要不可欠になります。ぜひご相談ください。

PAGETOP